※筆者の主観であり、効果を保証するものではございません。

アラフォー・アラサー世代の恋愛ドラマの鉄板『やまとなでしこ』、数々の名セリフで注目を集めた『Doctor-X外科医・大門未知子』等の多数の人気ドラマの脚本をてがける、有名脚本家の中園ミホさん。

実は中園ミホさんは脚本家で活躍する一方で占い師としての一面も。


その実力は、大人女子のバイブルとなる恋愛小説やエッセイなどを多数執筆している林真理子さんも当たると絶賛する的中力。

中園ミホ_解禁!女の絶対運命
今回、待望の中園ミホさんの公式占いサイトがオープン。

それに伴い、中園ミホさんと林真理子さんの占いで見る相性や、体験談を交えてのお話を聞くことができました。

中園ミホさんの占いを今すぐ試したい方はこちらの無料占いで鑑定してみてください。

▼今すぐ無料で実力を試す▼

       
ニックネーム ※必須
生年月日 ※必須
入力内容をご確認ください。

”サバ読み”で人生大転落!?

中園
やっぱり占い師という職業柄、人には言えないような悩みを相談されることもあるんですよ。
昔の話ですが、ある社長さんから「今の奥さん捨てて次に行っていいか」と相談されたことがありましたね。

奥さんはその社長の運気をすごく上げる人だったので、「離婚しなくてもいい」とお伝えはしたんです。だけど、運勢を見てみると奥さんと別れて結婚したいというB子さんも運気を上げる方だったんですよ。

それで、「二人ともあなたの運気を上げてくれる女性です」と言ったら、その社長さんはもちろん新しいほうへ行っちゃったんですよ。そうしたら、その会社ぼろぼろになって。


えーっ。

中園
占いの結果がおかしいと、私のところにまた来た。もうそのときは会社が潰れる寸前で…。
その時わかったのですが、その B子さんは生年月日をサバ、読んでいた。


ええーっ。

中園
B子さんが3歳ぐらい若く言っていたの。
生年月日が異なると私の占いだと全く変わっちゃうので、もう一回見直したら、とてもひどい。 B子さんはその男性の運気を下げる星だったので、その場で伝えましたね。

その後はどうなったかはわかりませんが…。
でもそっちの捨てられた奥さんのほうは別れた後にうまくいって本当に幸せになったので良かったなと思いましたね…。

サイトで見る二人の相性とは…?

サイトで見る二人の相性とは…?
――サイトを実際に触ってみていかがでしょう?


相互相性83%っていいほうなのかな?

中園
私のほうが愛情が強過ぎるんですよね。


でも相性がすごくいい。

中園
相性はとてもいいですよ。
私お会いする前から生年月日を調べていたので、この人と組みたいなと思ったの。
それで、ドラマを幾つかご一緒しましたけれども、私たち、占いによるとすごくいい運勢になっているみたいですもんね。


そういえば、沖縄で占いをした時にも言われた、2人でいるとすごくいいことがあるって。

中園
やっぱり、 特定の人から受ける運気ってあるんですよ。
人と関わって生きていく以上、出会った人の運気の影響を受ける。だから私は林さんのそばにいると運気がすごく上がって行くんですよね。


中園さんは占い師としても、本当に自分にとって相性のいい占い師でもあるなと思いますね。
今まで色々と当てた(仕事の時期等)ということも前提にありますが、うちの娘の運勢とか、仕事でやっぱり力強くいろんなことを仰ってくれるので、すごい励みになります。
「あなたは運がいい人なんだから、このくらいのことでしょげないで」とか、「どうってことないよ」とか、「この本が売れなくて嫌になっちゃった」とか言うと、「もう再来年がいいんだよとか来年がいいんだよ」なんて言ってくれる。
中園さんは気持ちを高めてくれて、後押しもしてくれる、 私にとっての専属セラピストのように感じますね。

「お試し鑑定」を受けてみたい方へ

「お試し鑑定」を受けてみたい方へ

元占い師の経験を持ちながら脚本家として活躍する、中園ミホさんの占いサイト。実際の占いをリアルに再現した「占い」を受けることが出来ます。
林真理子さんも体験した中園ミホさんの占いが気になる方は、無料鑑定を試してみてはいかがですか。

無料で占う

気になる人との二人の運命を知りたい方は、こちらから無料の相性占いが鑑定できます。

無料で相性を占う

相性占い関連記事

相性占い

占い師プロフィール

中園ミホ 女の絶対運命
中園ミホ
東京生まれ。日本大学芸術学部卒業後、広告代理店勤務、コピーライターを経て、14歳より師事していた今村宇太子氏のもと、占い師として活動を開始。政治家や大企業の社長らを日々占っていた。

その後、88年に脚本家としてデビュー。『やまとなでしこ』などテレビドラマを中心に数多くの作品を執筆し活躍。07年に『ハケンの品格』が放送文化基金賞と橋田賞を、13年には『はつ恋』『Doctor-X 外科医・大門未知子』で向田邦子賞と橋田賞を受賞。14年はNHK連続テレビ小説『花子とアン』を執筆、18年は大河ドラマ『西郷どん』の脚本を担当した。

ドラマ制作の現場においてもスタッフや出演者を占い、本業の裏で『中園ミホの占いが当たる!』と心酔するものが続出。今回、一部の関係者のみでしか占わなかった占いをはじめて解禁する。
公式サイト:
中園ミホ 女の絶対運命
あなたの運命を確かめませんか?

今すぐ入会